コッチは森の循環を促し、SDGsの達成に貢献します

SDGs

アクセサリーをサステナブルに

コッチは、日本の森のクルミの木から生まれます。
日本は国土のおよそ7割が森林です。日本人は古来、木で家を作り、道具を作って、豊かな森の恩恵を得ながら暮らしてきました。しかし現在は、手入れが行き届かず荒れている森林が少なくありません。荒れた森林は太陽の光が地面に届かないため、下草が生えません。むき出しになった土壌が大雨で押し流されることもあります。大気中の二酸化炭素を吸収・蓄積し、地球温暖化を防ぐという森林の大切な機能も衰えます。
森が本来持っているさまざまな機能を十分に発揮させるには、木を植え、育て、利用する、というサイクルを回していくことが大切です。コッチは、木のかけらにアクセサリーとして新たな命を吹き込むことで、森の循環を促しています。

SDGsのためにコッチができること

コッチは生産工程でも、人や環境への優しさにこだわっています。
現在、木製品の塗料は石油系の合成樹脂塗料が主流ですが、環境への負荷が大きく、化学物質を要因とした健康被害も問題になっています。コッチは合成樹脂塗料ではなく、日本の伝統的な天然塗料である「柿渋」と、天然成分100%の蜜蝋ワックスを使用して仕上げています。
「日本の文化・気候・風土にねざした持続可能なものづくりをする」「消費されるものではなく、次の世代に遺していける価値を提供する」という理念とアクションを通じて、コッチはSDGsの達成に貢献していきます。

PAGE TOP